腰痛、肩こり、膝が痛い、しびれ、だるい、このような症状にお悩みの方 – 岐阜市の整体「土居健康院」

産後の骨盤矯正(骨盤の歪み・腰痛)

  • HOME »
  • »
  • 産後の骨盤矯正(骨盤の歪み・腰痛)

土居健康院

産後の骨盤の歪みについて

産後出産時に骨盤が開きます。開いた骨盤が徐々に閉じていくのですが、早期の仕事復帰、筋力不足、子供さんを抱く時の不良姿勢、育児のストレス等で出産前の骨盤の状態に戻らず歪んだままになってしまうことがあります。
骨盤が安定しないで歪みが長期間続くようになると体に器質的な変化(筋肉のシコリ、関節の炎症、自律神経の乱れ、神経や血管の流れの異常)が起こります。
その影響で、腰痛や坐骨神経痛。肩こり、頭痛、自律神経の不調、足の付け根の痛み、恥骨の痛み、痔、お腹の張り、尿漏れ、冷え、といった様々な症状がでることもあります。

産後の骨盤矯正は早いほうがいい

産後、完全に骨盤が安定するまでには半年位かかります。産後1ヵ月は安静にすること、2ヵ月は無理をしないことが重要です。
しかし、女性は母であり主婦ですから、安静が重要だとわかっていても授乳やお風呂、おしめの替え、夜泣き等の子育て、それに加えて、家事もしなければならず、どうしても安静にすることが出来ないこともあります。
産後安定しない骨盤のまま無理をして使うと、歪んだ状態のまま固定されることがあります。

産後の歪んだ骨盤は病院では治せない

病院では骨盤の異常は、ほとんどまともに相手にしてくれません。 病院では骨盤の歪みを治す方法がわかっていません。 たとえ歪み治す方法がわかっていたとしても、多くの患者さんをみなくてはいけない病院では、手間と時間がかかる骨盤矯正をすることはほとんどありません。

産後の歪んだ骨盤は体操やマッサージで良くなるの?

産後産後の骨盤の歪みは慰安のマッサージや健康体操くらいでは簡単に改善できません。 慰安的なマッサージや健康体操では、一時的に症状は緩和されても、歪んだ骨盤を根本的に改善することは難しいです。 ポキポキしたり骨盤を強くねじったりするような骨盤矯正や、無理な運動はさらに症状を悪化させることがあります。

土居健康院では

土居健康院では、骨盤を中心に体の状態を診る十分な検査を行い、必要な処置を施していきます。
骨盤のアプローチは、呼吸に合わせ、腰から足にかけて皮膚上のツボを利用して、脳に伝達し、脳から筋肉に作用させていきます。
揉みほぐしのような強い力や負荷をかけた運動は必要ありませんし、安全で的確に体を変化させていきます。

骨盤のための運動や日常の注意事項

基本姿勢

  • 骨盤を立て、胸を開き、顎を引き、肩の力を抜く。
  • 目線をできるだけ遠くに置く。
  • 胸はそらさない。

座位

  • 横座り、べちゃ座り、あぐら、体育座りはしない。

お気軽にご相談ください TEL 0120-336-447

PAGETOP
Copyright © 土居健康院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.