椎間板の異常

  • 腰が痛く病院で椎間板ヘルニアと言われた
  • 足がしびれる、夜うずいて寝られない
  • へっぴり腰になってきた
  • ブロック注射をしてもらっている

椎間板の異常

椎骨と椎骨の間にあるものが椎間板です。

その椎間板内部にある髄核(アンパンで例えるとあん)が外に出て、神経組織を圧迫する状態を椎間板の異常と言います。

椎間板の異常は手術しないとダメ?

緊急(麻痺や尿障害がある場合)や保存治療(3ヶ月)を試しても悪化する場合は手術の選択もあります。
しかし実際には、手術を必要とする椎間板の異常は、それほど多くはありません。

痛みの原因が椎間板の異常でないことも

椎間板の異常が見つかっても、その腰痛が椎間板の異常が原因ではない場合もあります。
その見極めは難しいです。その理由として、

  • 腰痛や神経痛の症状がなくても、腰の検査をしたら、椎間板の異常が見つかる。
  • 椎間板異常の患者さんが、保存療法で治療後に検査をしたら、椎間板の異常は変化していないが痛みが取れていることがある。
  • 手術をしても、痛みや痺れがとれない場合がある。

これらの理由から、椎間板の異常があっても、腰痛の原因が椎間板の異常であるとは限らないのです。

手術は出来る限りしないほうがいい?

上記の理由から当院では、できるかぎり椎間板の異常の手術はお勧めしていません。
病院で手術を勧められた方が、整体施術をすることにより症状が軽減することが多々あります。
緊急性を要する場合を除き、土居健康院の整体を試していただいてから手術を検討しても遅くないと思いますが状態を見て
施術をお断りする場合もあります。

  • 麻痺や尿障害がある。
  • 症状や事情により、当院以外の方法も紹介することもあります。

営業時間

受付時間
午前 8:30~11:30
午後 4:00~7:30

 

① ソフトな刺激

ソフトな刺激

  1. そっと触れるだけの優しい手技 (強い刺激は身体を緊張させ自律神経を興奮させてしまいます。)
  2. 呼吸を利用し筋肉のバランスを調整 (息を吐いたときに刺激を入れると筋肉は緩みます)

② 姿勢が良くなる

姿勢が良くなり深呼吸しやすくなる

  1. 胸が開き呼吸がしやすくなり自律神経の興奮が落ち着きます。
  2. 筋肉のバランスが整うため、関節のねじれや痛み、しびれが取れやすくなります。

自然治癒力が高まる

臓器が働く

  1. 身体のバランスが整い各臓器の働きが改善されます。
  2. 熟睡しやすくなります。

よくある質問

Q、一回で良くなりますか?

症状や経過により治り方に違いがあります。ぎっくり腰など急に痛くなった症状は比較的早く治ります。自律神経的な症状や神経痛など症状が内向してしまった場合は、3か月~半年は要する場合があります。

Q、本当に痛くありませんか?

はい、痛くありません。痛みが出ると身体が緊張してしまい交感神経が興奮してしまいます。交感神経が緊張すると筋肉も緊張してしまうため施術効果が出にくくなってしまいます。

Q、マッサージはしないのですか?

マッサージをすると気持ちいいのですが、気持ちいいのと体を治すのとはまた別の問題です。当院は身体を整え自律神経のバランスを整えることを目的としております。あらかじめご了承ください。